北九州の事件。。。

<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」
4月7日2時32分配信 毎日新聞

 北九州市小倉南区新曽根の白石鉄工資材置き場で同社社長、白石正人さん(70)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で送検された同市八幡東区日の出2、元従業員、宮尾孝行容疑者(44)が「雑用ばかりやらされ不満があった。解雇を告げられ、カッとなりハンマーで殴った」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は、宮尾容疑者が一方的に会社に不満を募らせる中、解雇を告げられて逆上、殺害に及んだとみて追及している。

 県警によると、宮尾容疑者は昨年10月、白石さんと懇意の親族の口添えで働くようになった。工事部に所属し、当初は重油やガソリンタンクの設置を担当していたが、最近は資材置き場で工具や資材の整理をしていた。

 1日当たり1万円強での日雇い労働だったが、宮尾容疑者は「『まじめに働けば、現場監督になれる』と聞いていた。しかし雑用ばかりやらされていた」と供述。白石さんは勤務態度が悪いとして解雇を伝えたとみられるが、宮尾容疑者は「まじめにやっていた。悪くない」と反発しているという。

 また「15日ほどの給与の未払いがあった」とも話している。資材置き場で白石さんから解雇を告げられた際、給与の未払いなども持ち出して口論となり、頭を拳で殴り、さらに近くにあったハンマーで殴打したという。


小生の事務所の顧問先社長も知ってる会社とのことで衝撃の事件です。

解雇をめぐる殺人事件。。。

このような悲惨な事件が起きないよう、身を引き締めて業務に当たらないといけないと強く思っています。

また、労働問題を身近に相談できる社労士でありたいと思います。

今回の(指名)解雇同様、退職勧奨、労働条件の不利益変更であっても従業員に罪がないのであれば、決して簡単には出来ないということです。

日頃の業務を通じ、人を労働者を大切にするという姿勢が必要だと感じます。

二度とこのよな悲惨な事件が起こらないこと願うばかりです。
[PR]

by kt-sr | 2010-04-12 22:51

<< コンプライアンスの理解 障害年金について >>