人気ブログランキング |

採用リスクを軽減する試用期間の設定とその運用ポイント

労働者を採用する際は、【黒字社員を雇うこと】に徹すること、これが鉄則である。

そのため、労働者を採用するということは、企業経営を維持、継続、発展していく上で非常に大事なことである。

にもかかわらず、安易に採用し、『当社には合わない』『能力がない』ということで『辞めて頂きたい』という経営者の相談が多く寄せられてくる。

経営者の気持ちも分からないでもないが、安易に採用した結果、上記のような相談を頂くことがあり非常に嘆かわしい。

いかなる労働者を雇うか、言い換えると雇わないかは経営者側の勝手であり自由。

原則として何ら法的な規制を受けない。そのため、不採用という行為が原因で問題になり、争いになることは通常はない。

しかしながら、一度、労働者を採用した以上は、反対にこれを解雇することは様々な法的規制がある。

取り扱いを間違えると数十万どころか、裁判所より1000万を超える金銭の支払を余儀なくされることもあるのである。その上、解雇無効で復職が命じられることもあるのである。

解雇は、非常にリスクの高いものと心得ておいて間違いはない。だからこそ、とにかく採用が大事なのである。

いづれも【原則として】と謳っている以上、それぞれ例外もあるが。。。

非常にいい方を採用したと思っても、そうではなかったケースはないだろうか?

そんな場合のために採用リスクを軽減する上で試用期間を上手く利用して頂きたいと思う。

一般的に採用面接でその人材の本質を見抜くのは現実的には困難であり、それが故に雇い入れ後のミスマッチがトラブルに発展する例が絶えません。

そこで重要となるのが、試用期間の設定である。

具体的には多くの企業では、就業規則において入社後3ヶ月から6ヶ月程度を試用期間として定め、勤務状況、業務遂行状況、業務適性等により新規採用者を本採用するかを判断する期間としています。

この試用期間を上手く利用し、トラブルに発展することを無くし、または最小限に抑えて頂きたいものです。

【採用リスクを軽減する試用期間の設定とその運用ポイント】として当法人HPに記事を載せていますので続きについてはご参照いただきたい。

当法人HPの該当ページはこちら⇒【採用リスクを軽減する試用期間の設定とその運用ポイント】

by kt-sr | 2011-08-21 00:21

<< 社会保険の未加入問題とその調査 ブログ更新再開!! >>