顧客訪問や作業現場への直行や直帰の移動時間は労働時間となるか否か?

本人の住居と勤務場所の往復の時間、すなわち通勤時間はもちろん労働時間でないことは言うまでもない。

通勤途中でどこかに立ち寄る等の行為があっても、事業所は正当な理由なく通勤途中の本人の行為に対して干渉することはできず、それは労働者本人の自由である以上、労働時間でないことは争いはない。

一方、顧客訪問や作業現場への直行や直帰の移動時間は労働時間となるか否かについて、様々な議論があるが、概ね下記の通りとされている。

まず労働時間とは、使用者の支配下にある時間であれば、現実に働いていない時間(手持ち時間等)であっても、それは労働時間
支配下になければ、原則として労働時間にはなりませんが、支配下にない場合でも、実際に本人が労働し、その労働を使用者が認識し、黙認しているとき等は、労働時間となることもある。

同じように直行や直帰の移動時間も、使用者の支配下にある時間かどうかで判断することになる。

何をもって使用者の指揮下に入ったということは難しい面があるのが現実であるが、現場等へ自宅から直接赴き、または現場から自宅へそのまま帰宅する場合は、その現場に到着するまでが通勤時間となり、現場に到着し、使用者の指揮下に入った時間から、算定可能となる通常の労働時間となり、直行のときは訪問先に到着する前の時間、直帰のときは訪問先で業務が終了した時間の後の時間は、通勤時間であり、労働時間に該当しないことになる。

なお労務管理上、大切なことは、遠方での業務の場合は余分にかかった交通費は会社が負担することは当たり前ですが、単に交通費の負担のみならず労働者がその通勤に要する時間を犠牲にしていることには間違いなく、通常より遠方の場合は、何らかの手当の支給を検討し支給することはトラブルを産まないために必要なことだと思われる。
[PR]

by kt-sr | 2013-01-08 22:30

<< 退職、解雇、辞職の違い 社労士の報酬と営業 >>