人事労務管理の重要性

企業経営において従業員との関係は大事、非常に重要である。

にもかかわらず、疎かにしている企業が後を絶たない。

素晴らしい商品、営業力、技術力があってもそれを売り、作り、営業するのは人である。

その人事労務管理体制がずさんな企業は必ずいつか大きな失敗を犯しています。

人事労務管理体制をしっかりしていないと従業員の離反を辞めていくことは必然ですし、精神的、経済的な負担を伴う大きな労使トラブルの第一の原因となります。

仮に辞めなくても企業や経営者に不満を持っている状態ですからモチベーションも上がるどころか低下し、企業の競争力は萎え低下するものです。

では、人事労務体制を整備するにはどうすべきなのか?

それは法を適切に運用するというのは模範回答ではありますが、従業員に対し尊厳と我が子のようにさな愛情を持って、時に厳しく、時に優しく接することと思います。

その上で凡事徹底、当たり前のことを当たり前にするということです。
[PR]

by kt-sr | 2013-10-09 00:00 | 社労士

<< 謹賀新年 専門家の色々 >>