日々の適切な労務管理の必要性

先日、ある経営者の方よりご相談があり次から次に様々な行政機関の調査が続いており、日々の業務に滞りがあるという相談がありました。

すでに弁護士にも相談しており本当に困ってる様子…

労使間の感情のもつれは分かりますが、事実で無いことを吹聴、申告し行政機関を利用するのは、かなり卑劣な行為だと思います。

かといって手を打つすべが無く収まるまで待とうという結論。

昨今、同じように会社側の無知につけ込んだ一部のユニオン(合同労組)の無茶苦茶な要求が散見されています。

働き易い職場環境を通じた労使の信頼関係の構築こそが労使トラブルの予防に資するもであり、それが継続した会社の利益にも繋がると思います。

どんなに予防しても労使トラブルの発生を止めることは出来ず、日々の適切な労務管理が、被害を最小化するものです。
[PR]

by kt-sr | 2014-07-29 13:23

<< 日々雑感 謹賀新年 >>