日々雑感

仕事を通じて労使トラブルのない働き易い職場環境作りをお手伝いする過程において様々なニーズが次から次に湧いてきます。

もっと会社を良くしたい!という建設的な前向きなニーズであれば喜ばしいことです。

会社とは労使が一体となり究極的には営利を目的とし、みんなを幸せににすることこそが使命だと考えます。

にもかかわらず、労使トラブルは発生します。

そんな場合、ほとんどの場合お互い歩み寄る必要があり、相談を受ければその一方に就きサポートしアドバイスするのですが、信頼関係が希薄になっている以上、争点が複雑化しなかなかそうはいかない場合があります。

誠実に歩み寄りの姿勢を見せても相手が歩み寄らなければ、泥沼化し止むを得ず裁判に突入となることもあるでしょう。

本当に裁判が必要なケースはそんなになく最後まで話し合い歩み寄る姿勢を貫くべきだと思います。
[PR]

by kt-sr | 2014-10-14 14:45

<< 同業の仲間達in宮崎 日々の適切な労務管理の必要性 >>